株式会社スフレ

株式会社C-GRATは
株式会社スフレに社名変更しました

社名変更に伴いサイトドメインの変更をいたしましたのでお知らせいたします。
恐れ入りますが、「お気に入り」・「ブックマーク」等にご登録いただいている皆様は
新しいURLで再度ご登録をくださいますようお願いいたします。

https://sfre.co.jp/

株式会社C-GRAT 改め 株式会社スフレ

α世代とは? Z世代との違いやマーケティングのポイントを解説

マーケティングの世界では、X世代やY世代のようなアルファベットによる世代の分類がよく用いられます。そして、Z世代の後継として注目が集まっているのがα世代です。α世代はこれから消費活動が活発になるだけでなく、すでに消費への影響力を持っていますが、α世代の実体はよくわからないという人も多いでしょう。

そこで本記事では、α世代の年齢や特徴からZ世代との違い、マーケティングのポイントまでわかりやすく解説します。




α世代(ジェネレーションアルファ)とは?

α世代とは、2010年〜2020年代中頃までに生まれた世代のことです。「ジェネレーションアルファ」とも呼ばれており、その多くが1980年~1990年代中頃に生まれたミレニアル世代(Y世代)の子どもに当たります。

特徴①デジタルネイティブである

α世代はデジタルネイティブです。生まれたときからパソコンやスマートフォンなどのさまざまなデジタル機器が身近にあり、説明書を読まなくても感覚的に操作方法を身に付けています。レストランではタブレットで注文し、AIロボットが食器を片付けていて、支払いはキャッシュレスといった光景もα世代にとっては普通のことです。

YouTubeやInstagram、TikTokなどのSNSもごく当たり前に利用しており、インフルエンサーとして幼いながらに影響力を持っている子どもも少なくありません。インフルエンサーではなくても、誰もがSNSで自分の日常や考えを発信しており、友達や家族とのコミュニケーションにも不可欠なものです。

特徴②柔軟な価値観を持っている

グローバル化やSNSの普及に伴い、近年は多様性が重視されるようになりました。α世代は、デジタル機器を通してさまざまなバックグラウンドを持つ人の考えを見聞きする機会が多く、他の世代よりも柔軟な価値観を持っています。

自分のジェンダーについて発信するインフルエンサーも多いため、α世代はジェンダー平等や人種差別といった問題について議論することに対しても抵抗が少ない傾向があります。自分と違う価値観の人がいても差別せずに受け入れ、「人は人、自分は自分」と区別して考えます。

特徴③高水準のIT教育を受けている

小学校では2020年度からプログラミング教育と英語教育が必修化されました。また、教育の個別最適化を目的とする「GIGAスクール構想」も進められており、生徒一人に一台のコンピュータ機器を配布し授業に活用しています。SNSやインターネットを利用する子どもの増加に伴い、情報モラルや情報セキュリティに関する指導も行われています。

α世代は従来の教育方法とは異なる高水準なIT教育を受けているため、デジタルスキルが高く国際的なIT人材が多く輩出されていくでしょう。




Z世代とα世代の違い

Z世代とは、1990年代後半~2010年代半ばに生まれた世代のことです。Z世代もデジタルネイティブであり、多様性を大切にするといった点がα世代との共通点です。似た部分が多いZ世代とα世代ですが、いくつか違いもあります。

高度なデジタルサービスが当たり前

キャッシュレス決済やアプリ内課金、ネット動画配信サービス、ゲームのオンライン通信機能など、あらゆるサービスでデジタル化が急速に進んでいます。α世代にとってはこれらのサービスは当たり前のものです。Z世代以上に、高度なデジタルサービスを抵抗なく使いこなします。

「新しい生活様式」に慣れている

α世代は新型コロナウイルス感染症が流行した2020年当時、10歳以下でした。幼いときからマスクを付けたりソーシャルディスタンスに配慮したりしているため、新しい生活様式にすっかり慣れています。新しい生活様式は、これから成長していくα世代の価値観や行動に少なからず影響をもたらすでしょう。

多くの親がミレニアル世代である

α世代の親はミレニアル世代が中心だと先述しましたが、Z世代の親はX世代が多いです。X世代は1965~1980年頃までに生まれた世代で、個人主義や機能性を重視する人が多いといわれています。デジタル機器への抵抗は少ないけれど、主な情報源はテレビや雑誌です。

一方で、ミレニアル世代は人とのつながりを大切にし、ブランドを好む傾向があります。インターネットやSNSを情報収集源としている点もX世代との違いです。子どもの価値観は親から受け継がれる部分も多いため、将来的にはZ世代とα世代にもさまざまな面で違いが出てくるでしょう。

Z世代については「なぜZ世代が注目されるのか? 特徴や価値観から見るマーケティングのポイント」をご覧ください。




α世代へのマーケティングのポイント

α世代はZ世代と近い価値観を持っているため、マーケティングにおいても共通項が多いです。Z世代を参考にしつつ、α世代により効果的なマーケティング活動のポイントを解説します。

SNSやインターネットでの広告は動画がおすすめ

α世代へのマーケティングでは、Z世代と同様にSNSやインターネットなどのオンラインチャネルでのアプローチが必須です。広告は静止画よりも動画の方が興味を持ってもらいやすく、特に短尺動画が効果的でしょう。

10代〜20代の若年層では、15秒〜1分ほどの短尺動画サービスであるTikTokが流行しています。若年層は「長い動画は見ない」といわれており、実際にYouTubeやInstagramも短尺動画サービスに注力するようになりました。α世代向けのオンライン広告は、短い時間でインパクトのある動画をつくると視聴してもらえる可能性が高まるでしょう。

質のいい広告を心がける

高度なデジタルネイティブであるα世代は、たくさんのオンライン広告を見てきているため目が肥えています。また、Z世代が広告の信頼度に敏感なように、α世代もSNSやインターネットで得た情報を信頼できるか、自分で精査するようになることが予想されます。ひとたび虚偽や誇大広告などで良くない印象を与えてしまうと、なかなか負のイメージは払拭できません。

α世代向けの広告は、特に質のいい広告づくりを心がけましょう。さらに、α世代の価値観や特徴を踏まえて広告をつくることで、より良い印象を与えて信頼も得られます。α世代に影響力のある著名人やインフルエンサー を起用するのも効果的な広告方法です。

デジタルとアナログを組み合わせる

α世代へのアプローチにはSNSやインターネットが欠かせませんが、オフラインも活用することでよりインパクトを与えられます。

新型コロナウイルス感染症の流行によって学校や習いごと、遊びもオンライン化が進みました。そのため、α世代はZ世代以上に「リアルな体験」が少ないのです。オフラインでのイベントや紙面広告などを活用し、α世代にとって新しい体験を提供しましょう。

オフラインマーケティングについては「今こそ効果的なオフラインマーケティングとは? Webは万能ではない!」をご覧ください。

また、Z世代に向けたマーケティングについては「Z世代に向けたマーケティング手法のヒントと成功事例を解説」にて詳しく解説しています。




α世代の特徴に合わせてマーケティング戦略を考えよう

α世代は幼少期からデジタル機器に触れてきたデジタルネイティブです。柔軟な価値観を持っており、高水準の教育を受けています。α世代へのマーケティング活動では、彼らの特徴に合った方法を選ぶことが大切です。スフレでは、企業のロゴやメッセージを載せた「応援ノート」を教育機関経由で配布しています。α世代へ直接アプローチでき、保護者からの信頼性も高い広告媒体です。応援ノートのサービスについては、無料配布の資料で詳しく紹介しています。






まずは資料ダウンロード!

スフレでは、キッズ・学生マーケティングに関する資料を配布しております。

まずは資料をダウンロード

「応援ノート」子どもに関するマーケティングについてのサービス内容がわかる資料をご用意しました。

資料ダウンロード