株式会社スフレ

株式会社C-GRATは
株式会社スフレに社名変更しました

社名変更に伴いサイトドメインの変更をいたしましたのでお知らせいたします。
恐れ入りますが、「お気に入り」・「ブックマーク」等にご登録いただいている皆様は
新しいURLで再度ご登録をくださいますようお願いいたします。

https://sfre.co.jp/

株式会社C-GRAT 改め 株式会社スフレ

地方エリア×偏差値55以上の高校生にダイレクトリーチ

株式会社スタディカルテ

  • 業種学習塾
  • 課題ピンポイントターゲットへのアプローチとサービスの魅力を充分に伝えること



独自の指導ノウハウを持ち、全国の中高生・既卒生向けに難関大学に特化したオンライン個別指導塾を展開されている株式会社スタディカルテ様。

難関大学志望者という限られたターゲットにリーチすることに課題感をお持ちでした。今回は、なぜ応援ノートをご活用いただいたのか、どのようにしてアプローチを成功させたのかを代表の樋口様にお伺いしました。




貴社の事業について改めてお伺いさせてください

医学部・東大・難関大に特化したオンライン個別指導塾「スタディカルテLab」を展開しています。実績豊富なプロの講師が1対1でオンライン授業を行い、勉強の仕方から受験戦略までを指導し、志望校合格へと導いています。専用のアプリで学習状況を管理することで、授業時間以外の自学自習についても継続的にサポートし、中高生・受験生たちが、 “学習ロス” の少ない効率の良い学習に取り組めるようなサイクルを確立しています。また、蓄積されたデータを活用した教育システムの開発も行っています。




難関大学志望者に絞ったリーチがしたい

どのような課題をお持ちでしたか

集客手法の確立が課題で、中でもターゲットを絞ってリーチすること・サービスの質をしっかりと伝えられることが媒体選定の重要な指標でした。弊社は「オンライン個別指導塾」を展開していますが、新型コロナウィルスの流行をきっかけに、オンライン指導を開始する競合が増え、オンライン広告での集客における競合が増加しました。それまで独自性を保っていた「オンライン個別指導塾」というワードが、競合が増えたため通用しにくくなり、以前よりも集客のためのコストがかかるようになりました。いろいろと試行錯誤しましたが、特にターゲットを絞って広告を打つことの難しさ、サービスの質の高さや信頼感・安心感を伝えられる媒体を見つけることの難しさを感じていました。

広告媒体選定の中で、応援ノートに興味をもっていただいた理由を教えてください。

今回補助金の採択が決まったことを機に、これまでやってきたことプラスアルファで別の挑戦をしてみようと思っていました。特にイニシャルコストの大きいオフライン広告を試してみたいと考え、過去に新聞(他社紙媒体)での反応が良かったこともあり、紙媒体での施策を検討していました。応援ノートについては、学校経由で配布してもらえる点が魅力に感じました。

応援ノートの導入を決定したポイントは何ですか?

弊社は、日々、受験生や中高生を応援している塾ですので、「応援ノート」との親和性が高い印象がありました。フッター部分の全ページに違うコンテンツをフルカラーで載せられるという点についても、一般的な広告よりも中身の濃い・役に立つ・信頼感を伝えられる情報が載せられると思い、これまでとは違ったコミュニケーションが実現できるのではないかと考えました。また、アプローチしたいセグメントを細かく絞れること、学校経由で確実にターゲットに配ることができる点も導入決定のポイントとなりました。




信頼感のあるオンライン指導塾というイメージが伝えられた

応援ノートを活用し、効果は感じられましたか?

絞ったターゲットに確実にリーチできたこと、コンテンツによい印象を持っていただけたことは効果の1つだと思います。ただ、残念ながら集客用に設置したQRコードの読み取りは、想定より反応がなく、オフラインtoオンラインの難しさを感じました。一方で、制作したノートは社内用にも使用しているのですが、資料請求時のパンフレットに同梱することで、受験生を「応援」する姿勢が伝えられたり、学習アドバイスの具体的な内容を学習や受験に役立てていただけたりと、数字に表れない副次的な効果は感じています。

今回の施策を通して見えてきた課題と今後の展望

今回、ターゲットは従来の施策でも探り探りだった地方エリア限定で設定しました。今回の応援ノートの反応を踏まえた上で、今後のマーケティング施策において、重視すべきセグメントの仮説をブラッシュアップしていきたいと思います。




豊富な広告枠で自社のPRが思う存分にできる

どのような企業に応援ノートはおすすめできますか?

応援ノートはセグメントをしっかり絞れる点とあわせて、各表紙裏面以外に、フッターにもいろいろなコンテンツを載せることができるので、ターゲットと深いコミュニケーションを取りたい企業におすすめできるかと思います。




おわりに 今回制作したノートについて

今回のノートは、「学習のコツ」をふんだんに盛り込んだ、高校生にとって役に立つノウハウノートとなっています。配布先の学校からは「受験を控えた3年生はもちろん、1・2年生にも早い段階で受験対策について学ぶことができるので、とても有難いです」「このように受験勉強を応援してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです」というお声をいただいており、弊社から中高生・受験生への応援メッセージも届けられたノートとなりました。






株式会社スタディカルテ





まずは資料をダウンロード

「応援ノート」子どもに関するマーケティングについてのサービス内容がわかる資料をご用意しました。

資料ダウンロード